キャッシングとカードローンの違いは?メリット・デメリットは?どうやって申し込むの?




個人でお金を借りる方法として、キャッシングやカードローンなどいろいろな種類がありますが、どの方法を選べば良いのでしょうか?

ここでは、いろんな借り方を紹介し、その特徴やメリット・デメリット、申込方法などを書いて行きたいと思います。

キャッシング

キャッシングってどんな借り入れ?

キャッシングは主にクレジットカードにもともと付帯している機能を利用して、ATMなどから預金を下ろす感覚で簡単にお金を借りることが出来ることをいいます。

そして借りられる金額は多くないものの、金利が高めに設定されているのが特徴です。

また返済は翌月に一括で支払うことが一般的なため、急場しのぎに借りることができるので便利な一方、すぐに返済期日が来てしまうだけではなく、高い金利で利子をしっかり取られるので注意が必要です。

キャッシングのメリット・デメリット

クレジットカードを使用してキャッシングを行う際のメリットは、予定外の出費をしなければならなくなったのにも関わらず、手持ちの資金が無い場合にすぐに現金が手配できる事です。

しかも、クレジットカードは国内はもちろん世界各国で利用可能なので、ビジネスやプライベートで海外に出かけている時にお金が無くなってしまった時に現地通貨をATMで手に入れ、帰国した後にキャッシングした額を返済するといった利用が可能です。

キャッシュカードが1枚あればすぐに現金が手に入れられるので非常に便利かつ頼もしいのですが、その分手数料が高めに設定されており、年利は15%から18%という一般的な金利手数料に比較すると非常に高く設定されています

キャッシングの申込・審査・借入方法

クレジットカードのキャッシングの申込をする場合には、20歳以上で何らかの仕事に就いていて安定した収入を得ている必要があります。

ただし、キャッシングの希望額が50万円以内であれば、見込み年収と就業形態を記入すれば良いという所がほとんどです。審査では信用情報を閲覧して、今までのクレジットカードや携帯電話などの品物を分割で購入した際の履歴を見ます。

期日を守って返済していれば特に問題がないでしょう。50万円を超える金額を希望したり、他の借入金額と合算して100万円を超過するのであれば、源泉徴収票や確定申告書の控え等の収入を証明する書類の追加提出が求められます。

キャッシングの利用をするには、クレジットカード会社の直営ATMかコンビニなどに設置されている提携のATMから手続きをして借入をする方法が一般的です。カード会社のサイトから返済をしている口座に振込キャッシングの手続きができる所もあります。

カードローン

カードローンってどんな借り入れ?

カードを使って借入するローンがカードローンであり、多くは消費者金融と銀行が提供しています。それ以外だと信販会社や信用金庫・農協なども用意しています。

キャッシングもカードローンの一種とされますが、カードが発行されないローンはカードローンとは呼びません。

ほとんどは多目的に使用できますが、一部に事業資金や教育資金に特化したタイプもあります。

カードが1枚あれば提携ATMで利用できるので、コンビニで気軽に借入・返済できるのがメリットです。

銀行カードローンのメリット・デメリット

カードローンを融資している機関は多々ありますが、あえて銀行系を選ぶべきなのは融資を希望している金額が比較的大きな金額である場合です。

その理由は銀行系のカードローンで融資を受けた場合は、発生する金利が低く設定されているためであり、借り入れを希望する金額が大きくなる程お得に借りられるためです。

一方、銀行系のカードローンに際してデメリットになってしまう事は即日中に融資してもらう事が難しく、突如として金銭を用意しなければならなくなった時には間に合いません。

融資して頂くまで時間がかかるのは審査に要する時間が長い事も関係しているため、入念な審査が行われ審査基準が厳しいという証拠でもあります。

そのため、結果が出るまでに長い時間を要した上に結果的に借りられないという注意点が銀行系のカードローンには見られます。

銀行カードローンの申込・審査・借入方法

銀行カードローンに申込をするには、公式サイトの申込専用フォームから行うか、店頭に出向いて書類を提出する方法が多いです。

メガバンクやネットバンキングに力を入れている所であれば、サイトからも申込をして、必要な書類をスマートフォンのカメラで撮影しアップロードして提出が行えます。

既存の総合口座にカードローンの機能を付けるのであれば、店頭で受付する所もあります。

銀行の審査は金利が低いことから慎重に行われることが多く、金融庁の通達で債務整理に陥る利用者を減らすために即日での融資が難しい所が多くなっています。

早くても2~3日はかかると考えた方がいいです。借入額の設定は総量規制に準じて行う銀行が増えました。

借入は、銀行や商業施設のATMからお金を下ろす感覚で借入が行えます。

ネットバンキングができる口座であれば、口座の管理サイトから借入手続きをして即時での振込が可能になる所もあります。

消費者金融のカードローンのメリット・デメリット

カードローンには消費者金融系と信販会社系、銀行系の3種類があります。

一般的に銀行系とそれ以外という分類がなされます。銀行系以外のカードローンは貸金業法が適用されるので、総量規制の対象となります。

総量規制の対象となる場合には、年収の3分の1を超える融資を行うことができません。

また銀行系と比較して消費者金融系や信販会社系は金利が高くなる傾向があります。

消費者金融系のカードローンは総量規制の対象となるため年収によって融資額が制限され、金利も高いというデメリットが存在します。しかし融資額が高額にならず、金利も高いので審査は緩やかに行われます

なるべく早くに融資を受けたい場合には、銀行系以外を選ぶのが通常です。

総量規制とは?

総量規制とはノンバンク系の多目的ローンに適用される規制で、融資を年収の3分の1以内に制限するものです。

年収300万円の方が借入できる最高額は100万円となり、ノンバンク全社からの借入総額として計算します。

例えば現在において80万円の借入があるなら、新規の会社から借入できる限度額は20万円となります。

総量規制で注意したいのは融資できる上限額なので、実際の借入はもっと少なくなるケースがあることです。

総量規制の限度額の半分~70%程度の希望額に抑えておくのが得策でしょう。

消費者金融のカードローンの申込・審査・借入方法

消費者金融のカードローンを申し込む方法には様々なものがあります。具体的にはインターネット・電話・自動契約機・店舗・郵送などがあり、金融会社によって変わりますので事前に調べておくことが大切です。

審査に関しては最短で30分ほどで終わるケースもありますし、長いと一週間かかることもあります。聞かれる内容は個人情報や生活状況、勤務先に関する情報、他社からの借入などであり、審査の一環として担当者から本人確認の電話が入る在籍確認が完了しないと審査は終わりません。

審査の結果は電話やメール、郵送などで知らせてくれますので、あとは契約を結んでお金を借りるだけです。

借入方法も様々であり、ATMで引き出したり指定した口座に振り込んでくれることもあります。

信販系カードローンのメリット・デメリット

信販系カードローン会社からお金を借りるメリットはいくつかあります。

まず、各信販会社が独自に用意しているクレジットカードの特典が利用できます。

これは銀行や消費者金融にはないものです。

また、口座開設不要でお金を必要な分手に入れることが可能です。

さらに提携ATMが充実しているので、近くのコンビニなどでもお金を受け取れます。

デメリットとしては、銀行系カードローンに比べて金利が高いことです。

さらに消費者金融同様、総量規制の対象という点が大きいのではないのでしょうか。

これは年収の3分の1しか融資を受けることができないというシステムです。

これはカードローンで返済不可能になっては損をする人を少しでも減らすための措置なので、見方を変えるとお金を借り過ぎないで済むということでもありますが。

信販系カードローンの申込・審査・借入方法

信販系カードローンは公式サイトから申込手続きができる所が多く、所定のフォームに個人情報を入力して送信し、書類をカメラで撮ってアップロードします。

審査では50万円以上の借入金額や個人の属性によって、所得を証明する書類が必要になります。例えば、個人事業主は事業実態が分からないので確定申告書の控えが必須となります。

信販系カードローンの審査では、信用情報の閲覧以外に在籍確認が行われます。

社名を名乗ることも用件も本人以外に伝えることなく、個人名でかけられ、数分程度で終わります。本人が不在でも、在籍していることが分かれば追加の連絡を行うこともありません。

借入方法は提携している銀行や商業施設のATMから、暗証番号を入力して借入ができます。

規定の金額以上であり、インターネットの会員に登録をしていれば、会員専用サイトから毎月の返済に利用している口座宛へ、振込での借入依頼も可能な場合があります。

キャッシングとカードローンはどう違うの?

基本的にキャッシングとカードローンは同じローンと言えますが、厳密に言えば前者はカードが発行されないケースもあります。

いずれも多目的ローンには変わりありませんが、キャッシングはカードが発行されず振込融資を受ける場合も該当しています。

カードローンは100%カードが発行されるので、コンビニで借入・返済したい方に最適です。

カード1枚で利用できるのでプライバシー性が高く、店舗に出向く必要がないので緊急時に借りたいときにも役立ちます。

銀行カードローンとノンバンク系カードローンはどう違うの?

銀行カードローンは総量規制の対象にならないので年収の3分の1を超える借り入れができます。

ただし、審査は厳しい傾向があり、2018年からは警察のデータベースへ照会を行う作業も追加されたため、借り入れできるのは最速でも申し込みの翌日です。

ノンバンクのカードローンは総量規制が適用されるので年収の3分の1までしか借りられません。

審査は多少は柔軟性があり、利用するところによって在籍確認を書類で代用できることがあります。また、即日融資に対応している場合もあるのが特徴です。

街金から借りる場合や知人・友人から借りる場合

街金って何ですか?

消費者金融はたくさんありますが、街金というのは中小消費者金融を示しています。

顧客は主として地元の人々を中心としており、街の中にあるオフィスビルに事務所を持っていることが多かったため街金という呼び方が定着したと言われています。

よく闇金と混同されることがありますが、闇金とは異なり違法な業者ではありません。

しかし、金利が高かったり取り立てが厳しいということもあるので、お金を借りる際には十分にな注意が必要となります。

街金と闇金はどう違うの?

街金と闇金は混同されやすいですが、まったく性質が異なっています。街金は地域密着タイプの消費者金融で、貸金業法の登録を受けている健全会社です。

カードローンやキャッシングと言えば大手消費者金融を連想する方が多いですが、小規模の業者もキャッシングを用意していることが多いです。

街金の場合はカードを発行しないキャッシングやフリーローンとして貸出していることが多いと言えます。

闇金は完全なる悪徳業者であり、貸金業法を無視した法外金利で貸付しています。

街金から借りるメリット・デメリット

街金から借りられるメリットは何と言っても審査がほとんど無しで借りられるということに尽きると思います。

審査に時間がかかることが嫌であるならば街金から調達でも良いのですが、金利が高いことはやはりデメリットといえるでしょう。

どんな人にでも貸せるというだけあって、街金の金利はそれだけ高いのです。そして返済が滞ったりするその時には、普通の金融機関にはないような督促を受けることも有り得ると覚悟すべきだと思います。

メリット・デメリット双方を勘案のうえ決断すべきでしょう。

知人・友人から借りる場合のメリット・デメリット

お金を借りる相手として思い浮かぶ先の一つが知人・友人です。

これらの人たちから借りる場合、銀行やキャッシング業者にはないメリットやデメリットがあります。メリットは審査がないこと、高い金利を要求されることが少ないこと、返済期限がお互いの相談で自由に決められること、金額も制限がないことなどがあります。

デメリットは返済が遅れたり、返済できなかった場合お金を借りた知人や友人の信頼を失い、人間関係が悪化してしまうことです。

それだけでなく「お金を返してくれない。」という悪評が広まってしまうこともあるのできちんと返済することが大切です。