ブログのテーマをどうするか。ジャンル特化型か雑多型か

書きたいネタはあるけれど、ブログ自体はどんなテーマにすればいいのでしょうか?ジャンルにとらわれずいろんなジャンルをまとめた雑多ブログが良いのでしょうか?それともジャンルを絞った特化ブログが良いのでしょうか?

特化ブログと雑多ブログ、どちらが良いのか?

特化ブログは特定のジャンルに絞って記事を書くブログで、専門性の高いブログです。一方雑多ブログはジャンルを特定しないブログで、書きたい事を書ける汎用的なブログとなります。

どちらのブログにもメリット・デメリットがありますが、当サイトでは雑多ブログを勧めています。その理由は後述しますが、まずは特化ブログと雑多ブログの特徴を比較してみましょう。

特化ブログの特徴・メリット・デメリット

一般的に特化ブログのメリット・デメリットと言われている事を列挙してみます。

  • よく知っている分野や得意な分野に絞っているため、質の高い記事を書くことができる
  • 質の高い記事になる事で、ユーザーや検索エンジンから評価され、SEOに強くなる(検索で上位表示されやすい)
  • 一方で需要の高い人気のジャンルになると競合も多く、より質の高い記事を書かないと上位表示は困難になる
  • また、需要の低いジャンルでは、そもそも検索数が少ないのでアクセスを集めにくい
  • 検索キーワードは特定の分野に限られるため、幅広いキーワードからのアクセスを集めにくい
  • アドセンス等のコンテンツマッチ広告の場合、ジャンルを特定しているので内容にマッチした広告が表示されやすい
  • 専門的な内容を書いていれば、その道に精通した人として認知されるようになり、ブランディングしやすい
  • ジャンルを絞っている為、ネタ切れしやすく、記事数を増やすのが大変
  • ブランディングされれば信用も得やすいので、成果報酬型のアフィリエイトに向いている

特化ブログは分野を特定しているため、記事の内容が薄いと評価されません。ですが、質の高い記事を書くためにはその分野における深い知識が要求されます。

逆に言えば、専門家と言えるくらいの深い知識を持って質の高い記事を書いて行けば評価され、信頼を得られるので、特定の商品・サービス等を販売するアフィリエイト等で成功しやすいブログと言われています。

特化ブログに向いている人

特化ブログを書くには特定の分野の知識が必要となりますので、その分野の知識が豊富にある人や、今はその知識がなくても興味があってこれから学ぶ意志のある人は向いています。また、すでに何らかのブログを書いている人は、その経験や知識を生かして特化ブログを書くこともできるでしょう。

ブログの収益化(マネタイズ)において、成功報酬型のアフィリエイトで成功しようと考えている人も、そのアフィリエイトの商品・サービスに合った特化ブログが良いと言われています。

雑多ブログの特徴・メリット・デメリット

次に、一般的に雑多ブログのメリット・デメリットと言われている事を列挙してみます。

  • ジャンルを特定していないので、幅広いキーワードからの検索が見込め、アクセスを集めやすい
  • ジャンルを問わず何でも書けるので、ネタ切れしにくく、ブログ記事数を増やしやすい
  • また、特定の分野の知識を必要としないため、初心者が始めやすい。
  • 特定のジャンルに対する知識が深まらないので、質の高い記事を書きにくい
  • 質の高い記事が少ないと、SEOで不利になる
  • コンテンツマッチ広告において、内容にマッチしない広告が表示されやすくなる
  • アクセスを集めやすいのでインプレッション報酬型・クリック報酬型広告に向いている

雑多ブログは、基本的には何を書いても良いのでネタ切れしにくく、また必ずしも深い知識を要する訳でもないので、初心者には書きやすいタイプのブログと言えます。

しかしながら、複数のジャンルを扱う事になるので、特定の商品・サービスを扱うアフィリエイトにはあまり向いていないと言われています。

雑多ブログに向いている人

これからブログを始めようとしている初心者で、特定の分野に深い知識を持っていない人は、とりあえず簡単に始められる雑多ブログが良いでしょう。

幅広いジャンルの記事でアクセスを増やして、インプレッション報酬型・クリック報酬型広告で稼ぎたいと考えている人も雑多ブログの方が向いていると言えるでしょう。

やっぱり雑多ブログがおすすめ

この記事を読まれている方は、ブログの初心者もしくは、ブログは書いているものの思ったように収益化(マネタイズ)ができていなくて、どうしたらいいか考えている人が多いのではないでしょうか。

そのような人にはやはり雑多ブログをお勧めします。

以下に雑多ブログをお勧めする理由を記載します。

特化ブログは専門サイトなので読者の目が厳しい

特定の分野について興味を持ったユーザーがあなたの書いた特化ブログを訪れ、ある記事を読んだ時に、その内容が良ければ他の記事も読むかもしれませんし、リピーターになるかもしれません。

でも、他のサイトでも見かけるようなありきたりの内容だったり、あるいは薄っぺらい内容だったりしたらユーザーはすぐにあなたのサイトを離れてしまうでしょう。そしてリピーターになる可能性は低くなります。

雑多ブログであれば許されるかもしれませんが、特化ブログはその分野について専門に書いてあるはずのブログですので、当然ユーザーはその分野についての良質な記事を期待して訪れるのです。にもかかわらず期待を裏切るような内容だった場合、「ダメなサイト」としてのレッテルを貼られてしまいます

特化ブログを書くのであれば、他のブログにはないようなオリジナルの内容、情報量の多さなどが要求されます

また、他のサイトの内容を真似て、構成や表現の仕方を変えただけのサイトではうまくいかないでしょう。何故なら、特に高額案件のアフィリエイトが多い分野は人気があるため競合が多く、似たようなサイトがごろごろしているからです。それらのサイトを上回る為には、内容で上回らなければならないのです。

内容が大したことのないブログでも、SNS等のメディアをうまく使って一時的にアクセスを集めることはできるでしょうが、長い目で見ればそのようなブログはいずれ淘汰されてしまうでしょう。

特化ブログはジャンルの選定が大事

ブログで稼ぐことを考えていない人であれば、好きなジャンルで好きなように書いて良いと思います。ですが、特化ブログでアフィリエイト等による収益化を考えている人であれば、ジャンルの選定は非常に重要です。

成果報酬型のアフィリエイトを考えている場合、アフィリエイトの単価の高いジャンルや需要の大きいジャンルは当然人気が高く、競合も多くなる為、それらのサイトより質の高いブログを作成しなければ、あなたのサイトは埋もれてしまいます

逆に競合の少ないジャンルの場合、単価が低かったり、需要の少ない不人気なジャンルを選ばなくてはなりません。そうなるとそもそも大きなアクセスを見込むことができず、収益を上げることも難しくなります。

また、良いジャンルを選んだつもりが、時流によって変化し、不人気になってしまう可能性もあるという事を考慮する必要もあります。

一方で雑多ブログはジャンルを選定する必要がないので、いろいろなジャンルを書くことがききますし、それでどのようなジャンルが良いかを試すこともできます

SEOはサイトより記事に比重

Googleの検索では、サイトのテーマより記事の内容に比重を置いていると思われます。

私が運営している雑多ブログで、今まで書いたこともないような分野の記事を一つ書いたのですが、各種キーワード及びその組み合わせで、他の専門サイトを差し置いて私の記事が検索一位になってしまいました。

内容的には自分が体験した問題解決型の記事でした。他にも健康器具の詳細なレビュー記事とか、ネットで被害に遭って、それを解決した記事なども検索上位にあがり、凄いアクセスを集めることに成功しました。健康器具にいたっては、扱っている販売会社やメーカーよりも上位になっていたので、ちょっと驚きましたが。

いずれもそのブログの中で同じ分野の記事は他にない、その分野における唯一の記事でした。そしてその雑多ブログはその時、50記事程度しか書いていませんでした。

このような体験から考察すると、サイトのテーマよりも記事の内容が重視されていると判断できます。なのでSEO的には必ずしもテーマに沿った記事の方が強いとは言い切れないのではないでしょうか。

もちろん、全く質が同じレベルの記事であれば、ドメインの強さやブログテーマに沿った記事の方が上になる可能性は高いです。でもサイトやドメインを強くするより、記事単位で質を高める事の方がよっぽど簡単であり、現実的です。

雑多ブログであっても、質の高い記事を書き続けていけば、自然とサイト全体の評価も高くなるものです。

コンテンツマッチ広告も、サイトのテーマよりユーザーの閲覧や検索情報が優先

Googleのアドセンスのようなコンテンツマッチ広告は、特化ブログではそのテーマに関連した広告が表示され、雑多ブログではその記事に関係のない広告が表示されやすいと言われることもありますが、経験上、あまり気にすることはないと思います。

確かに使い始めたばかりのPCやタブレット、スマホなどのブラウザ(又はアプリ)においてはその通りだと思います。

しかしながら、人はいろんな検索をし、いろんなサイトを見ます。アドセンスはその人の検索や閲覧の動向から解析し、広告を表示しているように思われます。

なので、特化ブログを見ているときに、全然関係のない広告が表示されることがあります。

例えばサプリメントの事をいろいろ調べ、サプリメントを扱っているサイトを見ていると、サプリの広告が表示されていたりしますが、そのすぐ後に不動産関連のサイトを見た時に、アドセンスの広告が不動産関連ではなく、サプリ広告が表示されたりします。

つまりアドセンスは、ユーザーがよく見るジャンルの広告を出すようになっているのです。

そのため、使い始めたばかりのPCやタブレット、スマホなどのブラウザ(又はアプリ)もしくはキャッシュをクリアしたブラウザ等では、サイトテーマに合った広告が表示されやすいのです。それはまだユーザーの動向データが溜っていないからです。(複数の機器でIDの連携をしている場合は別です)

そのような事から、アドセンス等のコンテンツマッチ広告を考えているなら、幅広いキーワードからアクセスを見込める雑多ブログの方が良いのではないかと思います。

雑多ブログでも専門的な内容は書ける

専門的な内容の記事だからといって特化ブログにしなければならないというわけではありません。

専門的な内容の記事だから特化ブログにした方がアクセスが増え、収益が増えるというわけではありません。

雑多ブログの中の一つのカテゴリーとして専門的な分野を書けばよいのです。

もちろん、特化ブログにしても構いませんが・・・

特化ブログは後からでもいい

はじめから書きたいテーマが決まっている場合は別ですが、もし決まっていない、あるいは迷っているという場合は、雑多ブログから始める事をおすすめします。

いろいろなジャンルの記事を一つのブログに書き、カテゴリーで分けて、特定のカテゴリーの記事が充実してきたらそのときにカテゴリーを独立させて特化ブログを作ればいいのです。

その際に、サーバー移転やドメイン変更、新サイトの作成等で作業も増えるし、一時的にSEOに弱くなる可能性もありますが、301リダイレクト(転送)等必要な設定等をきちんと行えば、おのずと回復するでしょう。

ドメイン年齢を気にする人は、新しいドメインだと回復までに時間がかかるので中古ドメインにした方がよいと考えるかもしれませんが、記事の質が良ければそれほど気にすることはないでしょう。

あとがき

当サイトでは、これまで書いた理由等により雑多ブログをすすめています。

特に初心者やブログ経験があまりない人には雑多ブログをおすすめします。

とは言え、特化ブログ、雑多ブログともにメリット・デメリットはあり、向き・不向きについてもいろんな説があります。また、その時々のトレンドも変化しますので、最後は本人の好みで決めてください。

いくら雑多ブログをすすめたとしても、どうしても特化ブログを書きたいという気持ちが強ければ、その時は特化ブログの方がいいでしょう。